顔の吹き出物の治療

015.gif顔の吹き出物の治療

顔の吹き出物の治療法として一番有効なのは、市販で売られている塗り薬や飲み薬を使うよりも、皮膚科などから処方してもらった薬のほうが断然によく効きます。
特に飲み薬に関しては、抗生物質を処方されることが多いようです。なぜ、抗生物質かというと、抗生物質には、吹き出物の原因になるとされているアクネ菌が増えることを抑制したり、殺菌したりする役目があります。その他にも、ビタミン剤の処方も多く行われるようで、ビタミンAやB2、B6、Cなどが皮膚へ効果的に働いてくれるそうです。
そして、塗り薬にも抗生物質が含まれているので、吹き出物の炎症を抑えてくれて、アクネ菌が増えるのを抑えてくれる効果もあります。
ですが、良くなるからといって抗生物質が入っている薬を長い間使い続けてしまうと、腸内の善玉菌も殺菌されてしまう可能性があるので、便秘や下痢といったことや胃痛などといった副作用がでることもあるといいます。
ほかにも頭痛やめまいなど人によっていろいろな副作用がでることがりますので、医師に指示された通りに正しく使うようにしましょう。
正しく使うことで、吹き出物も早く治すことができますよ。

背中の吹き出物の原因と治療

010.gif背中の吹き出物の原因と治療

背中の吹き出物の原因の多くは。汚れだと言われています。顔などに比べてると、自分の背中は自分で見ることは不可能なので、洗い残しがある事もあると思います。また、綺麗に背中を洗っているつもりでも、体を洗った後に髪の毛を洗ってしまうのは、シャンプーやコンディショナーなどといったものが流しきれずに残ってしまっている場合もあるでしょう。
背中に吹き出物ができても、誰が見るわけではありませんからさほど気にすることもないとは思いますが、吹き出物ができるということ自体、ホルモンバランスが崩れていたり、食生活の偏り、睡眠不足といったことが原因にもなっているので、生活スタイルを見直してみることも必要だと思います。
そして、吹き出物ができないように自分で予防することもできますね。先ほども書きましたが、食事というのはとっても大切になりますから、なるべくバランスよく食べるように心がけましょう。また、汚れから吹き出物ができるなら、しっかり洗えばいいと思うかもしれませんが、かえって洗いすぎは必要な皮脂まで落ちてしまいますから、適度な洗い方をすることが定説です。背中の吹き出物は痛みがあることもありますから、触ってしまったりせずに専門の医師に診察してもらうことをおススメします。見てもらうことで、自分の吹き出物の症状に合った
治療薬を処方してもらえますから、時間を作って皮膚科へ受診してみましょう。
タグ:吹き出物

あごの吹き出物の治療

004.gifあごの吹き出物の治療

吹き出物というのはとても厄介なものですよね。できたとしても、隠せるところにできたり化粧などでごまかせる範囲ならまだ許せるものの、
あごやほっぺにできてしまうと、気分も憂鬱になってしまうと思います。
吹き出物というのは場所を問わずどこにでもできてしまうものですが、その中でも
あごの吹き出物というのは、一際目線がいってしまう場所だと思いませんか。
吹き出物ができる原因としては、毛穴の中に菌が入り込んでしまうことで炎症が起こりできていまします。私たち自身が日頃からできる予防策や治療法としては、
肌を清潔に保つ事がとても大切です。また、紫外線や空気が乾燥していたり、水分や必要な皮脂が足りないだけでも吹き出物はできてしまいます。
清潔に保つには洗顔は必要ですが、洗いすぎると逆に、大切な皮脂まで奪ってしまって乾燥する原因になり、吹き出物ができてしまうので、適度な洗顔をしなくてはなりません。
そして、吹き出物に触ったりしないようにしたほうがいいですね。触ることで刺激がおきたり悪化してしまって治らないどころか増えてしまいますし、跡になってしまいます。
あごの吹き出物の治療というのも、他の吹き出物と同じで皮膚科にいってきちんと処方された薬使うほうがいいと思いますから、独自の判断でいろいろな薬は使わないほうがいいように思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。